八重の玉のかんざし・ギボウシ

CoM2 
台風一過、今朝は涼しくて爽やかでした。
空も雲ひとつない奇麗な日の出でした。

庭に水やりをしようとしたら、ギボウシの「八重の玉のかんざし」が咲いていました。
いつも8月下旬に咲きます。
とても甘くていい匂いが漂って幸せ。
薔薇の間で咲いているので、葉っぱが薔薇ですね~



P1017454.jpg


P1017458.jpg



P1017463.jpg



「玉のかんざし」が咲くと秋がもうすぐと思います。

日の出時間がだんだん遅くなってきて5時40分です。
4時には明るかったのにちょっと寂しくもあります。




P1017433.jpg


P1017435.jpg



家事というのは積み木崩しみたいなもので
見えないところで評価もされず、やっているので
結構ストレスが溜まります。

若い頃は同じ食器を何回洗っては拭きを繰り返す、なんの評価もされず
私の一生はこのまま終わるのかと本当に絶望的な思いになったときがあります。

子供たちが大きくなって仕事にと言ってもパートですが
出かけ始めて、初めて誰かの奥さんではなく一人の女性として評価されることが嬉しかったです。
住宅都市整備公団(この名称は今はないのかな)で契約まで任されて責任重大でしたが
とても充実感がありました。

一番勉強になったのが、ガソリンスタンドの事務をしたとき。
パソコンを使えるようになったのもこのときから。
傷害保険の事務から始まり、商品の在庫管理、金庫の管理、伝票の管理、あそうそう車検が必ず朝いちばんに
あり書類作り、車と車の切れ目にレジ集計を本社に送るのが大変で外の子達と連携をしてやります。
そのうえ、店内で珈琲サービス、商品など売っていたので
保険の大事な処理をしている真っ最中でもお客さんが来られると席を立って珈琲を(ドリップ)を淹れてあげねばならず
お客さんはそのときの会話をとても楽しみにしてらっしゃるので
余裕の顔をして相手をしたりと、とにかく同時進行の仕事が7種類ぐらいをいつも抱えていました。
おかげで、同時にいろいろなことをするのが上手くなりましたけどね。
店長がとても頭の良い人で尊敬していたのも、ハードな仕事でしたが続けられたのでしょうね。

このときアルバイトで働いていた学生が今近所のSSの店長になっていて
何十年ぶりかに会ってとてもうれしかったです。


何故、主婦というのは自立した一人の女性としてみられないのでしょうか。
最近、そのうえ虐げられて生きてきた女性たちに何人か出会うことがあり
女性蔑視も甚だしく
情けない限り。

今日はちょっと呟いてしまったな~
庭の花  2015.08.27

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ロココたえ

Author:ロココたえ
日の出撮りからガーデニング
コーラス活動に映画感想と

レッツラゴー!
な日記です。

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ